So-net無料ブログ作成
検索選択

昨日の補足 [おもうこと]

ビルマの立琴を見ていて…
人は苦しい時にこそ、音楽を求め、音楽に助けられるのだと思った。
確か、第二次世界大戦中、ヨーロッパ戦線で、クリスマスに、敵も味方も讃美歌を歌い、停戦した逸話を聞いたことがある。

ならば、それでよいでは ないか。
音楽という世界共通言語。争うことなく、音に身を任せる。
言葉が通じなくてもわかりあえる。
なんて幸せなことだろう。

〜We are Music〜
なぜか、米米CLUBの最新シングルが、とてもタイムリーに心に届く。

〜平和と音楽〜

難しいことではないはずだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。