So-net無料ブログ作成
検索選択

ポニョった [我がヲタ道]

先日…観てきました。
宮崎駿監督の…
「崖の上のポニョ」

「おかえりなさい!宮崎駿監督!」と
言いたいです。
もどってきてくれてうれしい、の一言です!


私にとっては大満足の映画でした!

以下、ネタバレ的なこともあるので…

とにかく「アニメーション」とは
「絵が動く」ということ。
(私の座右の銘は…「アニメは動いてナンボ」ですからね)
それを見事に手書きでがんばってくれている作品です。

見ていて目にやさしい
いやな色、びっくりする色がない。
背景も色鉛筆で描かれていたりするので
絵本そのものを読んでいるような感覚なのです。

いろいろつっつきたくなるひとがいると思います。
ストーリー展開とかね。見たことのあるシーンがたくさんあるとかね。
でも、そんなの関係無しでこのポニョの世界を楽しんでほしいと思うのです。

まるっきり予備知識なしで見に行ったので…
ポニョのお父さんなる人物がいるとは思わなかったのですが…
これがね、とっても拾い物!
もう、大好き!フジモト!

このポニョのお父さんの「フジモト」ですが…
一目見て
「あぁ、「名探偵ホームズ」のモリアーティー教授だぁ!」と
思ってしまったのです。
いかにもアヤシげで…(いや、アヤしいんだけど)
ドジでおちゃめで憎めないキャラで…
スマートなんだか天然なんだか(笑)
奥さんと娘にめっぽう弱いダメ父親なところが
とってもラヴリーでした。

「紅の豚」以降の宮崎作品はあまり好きではなかったのですが、
このポニョは
まぎれもない宮崎印の1本だと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。